できることはやればいい

あまり効果はないと思うけど、やるべきだと思う。
学校給食には高邁な理想があり、それに沿った法律があるのだろうけれど、実際のところは「買い物」であり、債権回収の手立てはきちんとしておくべきだろうし、「タダ」ではないことをビシッと理解してもらうためにはいいだろう。
それにしても、田舎の町村でさえ、こんなことを考えなければならないなんて困ったものだ。

もし、これを都会で導入するならば、信用保証会社か債権回収会社を導入することになるのだろう。何かおかしいなあ。


以下exciteから引用です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2008年12月3日 18時07分
毎日新聞
<給食費>滞納に「連帯保証人」制度導入へ 熊本・益城町

 給食費の滞納が全国で問題になっているのを受け、熊本県益城町は09年度、納付に「連帯保証人」を設ける徴収方式を導入する。同様の制度は宮崎県清武町や千葉、栃木県内の自治体で導入されているという。

 対象は給食費免除世帯を除く、町立7小中学校の児童・生徒の保護者。事前に保証人とその連絡先を提出してもらい、5カ月続けて滞納したら保護者に「保証人あてに督促状を出す」と通知する。それでも納めなければ保証人に支払いを促してもらい、さらに滞納が続けば保証人に立て替えを求める。保証人は20歳以上で弁済能力があることが条件。所得基準などは設けない。
【結城かほる】

Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by japan-current | 2008-12-03 19:56 | ニュース | Comments(0)

胸を張って「BMIは22です」と言えるまでの徒然草。「japan current」とは「黒潮(日本海流)」のことですが、「日本の今」という意味合いをあわせて用いています。


by Japan-current
プロフィールを見る
画像一覧