市議会が果たすべき役割

夕張市議会が財政再建団体指定を申請することを議決した。
議員たちは、どう思っているのだろうか。

人口が大きく減ったから仕方ない?
それはわかっていたことだ。市議会は何をしていたのか。

観光事業が失敗したから仕方ない?
そのGOサインを出したのは市議会だ。

粉飾決算を含め市長に騙された?
騙されないことを市民は議員に期待していたし、予算決算の流れをみていれば、不審に思わないわけがない。
また、市議会選出の監査委員だっているはずだ。

単純に民間会社にたとえるなら、市民が株主なら、議員は取締役だろう。
取締役としての責任を果たして欲しいと思う。

私が思うに、最終的にここまで事態が悪化したのは、数年来の粉飾決算にある。
05年度の決算については、認定しなかったそうであるが、
騙されていた議会の責任も少なくはない。
議員は騙された側ではなく、市民から見れば騙した側にいる。
職員上がりである現市長について、その責任をしっかりと追及するべきである。
それが、現段階において、市民の信託に応える道ではないだろうか。

また、粉飾決算について、地方財政制度のうえで本当に違法ではないのか、
マスコミも含めた関係者は再検討すべきではないか。

国も、本当に法の盲点だったのなら、パッチすべきではないか。
ただ、問題を大きくしたくないがゆえに、「不適当」に留めているという感じが強い。

上場会社なら、粉飾決算でお縄になっている。
だれもその責任を追及しないことが不思議でならない。

以下引用です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
財政再建団体申請を議決 北海道夕張市議会
[ 09月29日 11時32分 ] 共同通信
 財政破たんした北海道夕張市の市議会は29日、本会議で地方財政再建促進特別措置法に基づき、国に財政再建団体指定を申請する案を議決した。
 夕張市は道に議決を報告し国や道と協議しながら再建計画を作成。2006年度内に国の指定を受け、早期に再建をスタートさせたい考えだ。民間企業の倒産に当たる財政再建団体指定は1992年の福岡県旧赤池町(現福智町)以来となる。
 再建計画は、観光施設の売却、休止を検討するなど財政悪化の大きな要因となった観光、病院両事業の在り方を抜本的に見直すほか、総人件費をはじめとする行政経費の削減、公共サービスの料金値上げなどを中心に検討を進める方針だ。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
05年度決算を不認定に 会計処理批判で夕張市議会
[ 09月27日 12時37分 ] 共同通信
 財政破たんした北海道夕張市の市議会決算審査特別委員会は27日、会計処理方法が不適切だったなどとして、実質負債を257億円とした市の2005年度決算を不認定とした。
 議会側には、会計操作を繰り返した上、行財政改革への取り組みに欠ける行政側への批判が強く、29日の本会議でも決算は不認定となる見通し。決算が議会で不認定となっても効力に影響はなく、市は財政再建団体の指定申請手続きは予定通り進める方針。


Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by japan-current | 2006-09-29 12:45 | ニュース | Comments(0)

胸を張って「BMIは22です」と言えるまでの徒然草。「japan current」とは「黒潮(日本海流)」のことですが、「日本の今」という意味合いをあわせて用いています。


by Japan-current
プロフィールを見る
画像一覧