都知事でさえ

都庁の王様だってやらないよ。オーナー企業の社長でもやらないかもしれない。
また、それを諫める腹心もいないわけで、まさに裸の王様かもしれない。

以下exciteから引用です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2008年7月17日 19時28分
J-CASTニュース
橋下知事「公用車」でフィットネス 「問題化することが問題」という声

橋下徹大阪府知事が、平日の昼間に府庁から公用車でフィットネスクラブに出かけていたことが明らかになり、一部からは批判の声が上がっている。内容は「府議会の委員会開催中なのに軽率」「公用車を使うのは公私混同」といったものだが、知事経験者からは「つまんないこと言うな。こんなことを問題にする方がおかしい」との声もあがる。

ワイドショーなどでは知事に批判的な報道が相次ぐ
「フィットネスクラブ通い」は、2008年7月16日に発覚。同日、知事は臨時に会見を開き、経緯を説明した。知事の説明によると、08年7月14日13時ごろ、公用車で府庁から自分の弁護士事務所に向かい、その後14時ごろにホテル内のフィットネスクラブに到着。夜に公務が控えていたため、タクシーで17時ごろ府庁に戻ったという。

報道機関に公表されているスケジュールでは、この時間帯は「庁内執務」とされており、議会の委員会では、08年度予算案の審議が始まったばかり。審議では、人件費削減などが焦点になるものとみられている。委員会に知事の出席予定はなかったが、条例では、必要があれば知事の出席を求めることができる。なお、公用車の使い道に明確な規定はない。

ワイドショーなどでは、

「サービス削減をめぐって委員会で議論しているのに外出するのは軽率」
「公用車を使うのは公私混同」
といった声が紹介され、知事に批判的な報道が相次いだ。

一方、知事は(1) 特別職は意思決定をすることが仕事で、時間に拘束される訳ではない (2)携帯電話で連絡は取れる状態、などとして

「まったく問題ないと思っています」
と反論。知事就任以来、体重が7キロ増加したことを

「もうお腹から何から、まったく体を動かせないので、ヒドイ状態です」
と嘆いた上で、

「現状の知事職で、自分で言うのもなんなんですけど、殺害予告やられたり白い粉送り付けられたり、山ほど脅迫やら何やらある中で、警護の関係で公用車は使わさせてもらいます」
と、今後も方針に変更がないことを明言。さらに、

「今回のことで批判を受けるぐらいの働きしかしてないと思われているのであれば、自分の働きぶりが悪い、と反省しないといけないですけれども…。あとは府民の皆さんがどう思われるか。また報道をしてもらって、(報道と府民の反応を見て)判断したいと思う」
と、判断は世論に委ねたい考えを明らかにした。

その「世論」は、ヤフーなどコメント欄を見る限り

「なぜ一言『配慮が足らなかった』と言えないのか」
「まったく問題ないのでは?」
と二分されているが、

「問題にすること自体が問題」

と、橋下知事を擁護するのは、浅野史郎・前宮城県知事だ。今回の件が問題化されたこと自体に憤慨している様子だ。

「つまんないこと言うなよ」「つまんないこと言うなよ、という感じです。本当はコメントもしたくない。マスコミも暇だよね。まさに重箱の隅をつついている。府の歳出削減などの重要な話ではなく、何故この話で面白がるのかわからない。まったく生産的ではない」
一方で、「自分なら、こんなことはやらない」とも話す。

「知事に決まった勤務時間というのはありませんが、私なら、こういう(委員会が開催されている)時間には行かない。夜や朝に行くなど、他にもやりようはあった。自分は朝に強いので、朝にジョギングをしていました。今回の話は、『公用車問題』というよりは、知事の勤務状態の問題。体重が7キロ増えたのは同情できますが、ちょっと(昼間のジム通いを)我慢していれば、足をすくわれるような動きはなかったのでは」
今回の件は橋下知事の「脇の甘さ」が狙われたという面もありそうだが、浅野氏は、知事に、このようにエールを送っている。

「今回の件は、目くじらを立てるような話ではありませんが、批判を受ける可能性はある。ただ、こんなことは(府政が安定するまで)半年も経てば、何でもない話になりますよ。こんなことにエネルギーを使うのはもったいない。彼も(問題化されて)腹立っていると思いますよ」


以下j-castから引用です。
http://www.j-cast.com/tv/2008/07/17023657.html
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
橋下府知事 オトコを下げた一言
2008/7/17
<テレビウォッチ>

 元スパモニ・コメンテイターの橋下徹・大阪府知事が議会が開かれてる最中に、公用車でスポーツジムに行っていた――のを受けて、『逆ギレ気味』!?(番組キャプション)の釈明会見を行った。


番組伝える会見映像によると、「知事職に就いた今、土日もないし、執務時間も就業時間もない」と多忙ぶりを強調しつつ、知事職は時間に拘束されないので、空いた時間は私用に積極活用する方針を打ち出した。

報道陣から、「庁内で徹夜で働いてる方もいるが……」と、忙しいのはアンタだけじゃないだろ的なツッコミが入ると、不満そうに口を尖らし、声色を変えて反撃にでる。

「毎日毎日、そんな職員もいるが、休みはきちんと取っている。残業代、管理手当もある。知事職は、基本的に残業代も管理手当もない」

これにはジャーナリストの鳥越俊太郎も、珍しく大乗り気でコメント。失笑がこらえきれないといった調子で、鳥越は橋下を嗤(わら)う。「まあ、気持ちはわかるけど、あの人すごく言いたいんだね、『オレはこんだけやってんだー』と」「自分は残業代もらってないとか、あんなこと言わないほうがいい。当たり前じゃん」

知事になっても、コメンテイター時代の小物感漂わせる対応は、ほとんど変わらないようだ。



Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
Commented by まぁ at 2008-07-18 21:48 x
知事出馬の声も掛からない鳥越の嫉妬でしょうw
Commented by 大笑い at 2008-07-18 23:28 x
あのお、特別職の場合休日も特に決められておらず、タクシーや自家用車にも一人では乗れず、自己管理も仕事のうちなんですが。
更に言わせていただければあなたの嫌いな芸能人知事二人はほとんど休日なしで勤務しております。
で、あなたの大好きな都知事さんは平均週2日しか都庁に出勤しておらず、4日いたら多い方、あとは執筆活動として逗子だかどっかのおうちでスキューバしたりクルージングを楽しんでおられたり、美食を堪能されたり都民の税金でフィットネスクラブどころではない遊び放題なんですが、それはどう御考えなんでしょうか?
執筆活動で儲けているとは思えませんが。
正直、東京では箝口令がしかれているのか誰もそんな事報道しませんが、西日本では問題にならない事自体信じられんと言われております。
もしかして貴方もその事は知らなかったんですか???それともそんな行動していても都知事ならOKなのかな?
Commented by japan-current at 2008-07-20 23:54
鳥越氏は健康不安がありますから、残念ながら首長職は難しいでしょうね。
by japan-current | 2008-07-18 00:07 | ニュース | Comments(3)

胸を張って「BMIは22です」と言えるまでの徒然草。「japan current」とは「黒潮(日本海流)」のことですが、「日本の今」という意味合いをあわせて用いています。


by Japan-current
プロフィールを見る
画像一覧