カテゴリ:日常の風景( 190 )

フジパン「ネオバターロール」の不思議

フジパンのネオバターロール
当たり前に店頭に並ぶ定番商品だが
今さらながら素朴な疑問が浮かんできた。

あのマーガリンは
どうやってパンの中へ入れているのだろうか。

当然、焼き上がり後に
かなり温度が下がってからだろうし
マーガリンも
溶ける温度が高めに調整されているのだろう。

しかし
注射器のようなもので
注入すれば
液状の油脂であるわけで
パンに浸み込んでしまう。
ただのマーガリンが浸み込んだ
パンでしかない。
ネオバターロールは
予め一定の空間が確保されているかのような
仕上がりになっている。
見た目では
マーガリンが
固形のまま埋め込まれているとしか
考えられない。

マーガリンというものの性質からすれば
焼き上がり後に入れられているはずであるが
一体どういうテクニックなのだろうか。





[PR]
by japan-current | 2016-09-21 06:33 | 日常の風景 | Comments(0)

マクドナルドの衛生管理 ある朝の出来事

今朝7時のことでした。
最寄りのマクドナルドへ行きました。

クルーが電話で忙しいようで、
ゆっくりメニューを見定めることができました。
電話を終えたクルー(一人だけ他のクルーと違う黒系ユニフォーム)が
カウンターへ来て、
一応、お待たせしました的なことを言うし、
こちらもゆっくり選ぶことができて文句もなかったので、
何事もなかったように聞き流し、
メガマックグリドルコンビを注文しました。

支払をして、おつりをもらって、
そのまま、カウンターからみていたら、
なんと手も洗わずに
レジで現金を触ったままの素手で
バンズにパテを載せているではありませんか。
他のクルーも素手ですが、その人たちはちゃんと手洗いしているのでしょうけど、
先ほどのクルーはレジからキッチンへ行って
そのままの素手で調理しているのです。
ずっと見ていたし、
例のマクドナルドの手洗いの時間なんて
ありません。

私の分だけではなく
ドライブスルーの分も
彼女が素手で作っていました。

自分の分でなければ
わざわざ言うつもりもなかったのですが、
あえて名札を読んで
「Iさん、レジからキッチンまでずっとみていました。つくりなおしてください。」
と言うと
彼女が「すみません。つくりなおします。」と言うので、
あえてそれ以上言わず、しばらく待って、
ほかのクルーがつくったものを受け取りました。
なお、ドライブスルーの商品は窓口の方へ流れていきました。

私は
マクドナルドが好きですが、
この店は好きではありません。

なぜかというと
キッチンがみえないので
クルーがだらけています。
以前からカウンターに客が来ても気づくのが遅いとか
クルーの無駄話がフロアまで聞こえるとか
ウーーーンなことが結構ありました。
挙句の果てに
今朝はレジからキッチンへ直行して
急いで調理するまでに至っています。
そういえば正規社員らしき人間を一度もみたことがありません。

私の若い頃
マクドナルドは輝きを持っていました。
あの輝きを取り戻してもらいたいものです。

マックの凋落は
マックらしさや
マックの誇りみたいなものが
失われたことに
原因があると思います。


c0095094_23210672.jpg
キッチンにいるクルーは無関係です。
c0095094_22343028.jpg

[PR]
by japan-current | 2016-09-19 23:30 | 日常の風景 | Comments(0)

ゴミ拾い

今朝は道路のゴミ拾いに参加した。
対面2車線の歩道付きの市道なのだが、
国道と国道バイパスを結んでいるので、
交通量はそこそこある。

空き缶とタバコの吸殻が目立った。
マックやコンビニの紙コップなどは
普通の紙と違って始末が悪い。
風雨や紫外線にさらされても
劣化しない。
概ねストローと蓋も近くに落ちている。

またグーグルやラインのスクラッチされたポイントカードも
捨てられていた。

交通安全のお守りも拾った。

ごみのポイ捨てはやめてほしいものだ。
紙こそ
特殊加工されていなければ
水溶性のものであるので
自然界に残存し難いが
化成品は自然界に残存する。

ただ
私が歩いた区間は
鉄道と立体交差になっていたりしており、
道路に面している住宅や店舗はあまりない。
また、市で道路清掃しているわけではない。
日頃、誰かが
ゴミを拾ってくれているのだろうか。
気づいた人が片づけているのだろうか。

そういう誰かに頭を下げたい。
[PR]
by japan-current | 2016-07-03 10:17 | 日常の風景 | Comments(0)

パソコンの更新時期が来たようだ

win7のノートパソコン(gateway,i5,4GB)が
先日、プッツンと停止してしまった。
しばらくして回復したので、
事なきを得た。
今もそのパソコンでブログを書いている。

その前のHPのノートパソコンは
ブルーバックの画面が頻繁に出るようになり、
結局は立ち上がらくなった。
家族の写真なども失われてしまった。

今のゲートウェイは
電源部に何らか危険を内包しているのだろう。
早晩、ダウンする可能性は高く、
大切なデータは外付HDDにコピーした。

次のパソコンをどうするか
悩んだが、
11インチのDELLを発注した。
celeron,4GBで
HDDなしだが、
今の使い方を思い返してみると、
この方が使いやすいように思う。



[PR]
by japan-current | 2016-06-11 08:29 | 日常の風景 | Comments(0)

水樹奈々お気に入りのえび天(画像)

水樹奈々のお気に入り
新居浜のえび天

初めて食べた
エビが練り込まれた揚げかまぼこ

c0095094_2322362.jpg

c0095094_2322393.jpg



[PR]
by japan-current | 2016-06-03 23:02 | 日常の風景 | Comments(0)

大きなトマト(画像)

c0095094_23444321.jpg

友人から大きなトマトの写真だけ頂いた。

二つ並べたので、小さそうにみえるが、トマト一つだけとペットボトルと比べてみると、その大きさに驚く。
透明なペットボトルよりも色の濃いトマトに目が行き、トマトの標準的な大きさが、まず頭に描かれるので、このトマトの大きさが想像され難い。同じペットボトルでも、色の濃いものや標準的な大玉トマトと同じくらいの缶コーヒーなどを並べれば、よくわかったと思う。
実のところ、「カボチャほどの大きさがあったので、バストに見立てて2つ並べた」という作画意図を説明されるまでは、普通の大玉よりも少し大きいくらいと思っていた。
目の錯覚というか、見せ方というのは大事だなと改めて思う。

[PR]
by japan-current | 2016-05-28 23:44 | 日常の風景 | Comments(0)

うんざりする強風

九州の地震は、いつまで続くのだろうか。
落ち着かない日々が1か月も続いているなんて、
精神的に参ってしまうだろうと思う。

我が家も、中央構造線を構成する活断層から1キロに満たないところにある。
その近さだけではなく、未知の断層の上に住んでいるのかもしれない
という言葉にならない不安が漂っている。

また、いつもは穏やかな時期なのに、
九州の地震と時期を同じくして
暴風が吹き荒れている。
困ったものだ。

[PR]
by japan-current | 2016-05-15 15:50 | 日常の風景 | Comments(0)

早朝の散歩

昨夜は、20人ほどの親しい仲間の飲み会があり、
今朝は、4時半に目覚めた。
散歩に出かけた。
晴天で風もない
穏やかで清々しい朝だ。
港では
小魚が群泳しており、
穏やかな水面がキラキラしていた。
朝日を浴びながら
帰宅した。


[PR]
by japan-current | 2016-05-13 07:09 | 日常の風景 | Comments(0)

エッチな大根(画像)

c0095094_11112111.jpg


友人が、わざわざベッドで撮影した写真だと言って、送ってくれた。性別はどちらかと尋ねると、友人の見立ては、女性だそうだ。
それにしても、このアングルと光の当たり具合、絶妙だと思う。


[PR]
by japan-current | 2016-04-03 11:11 | 日常の風景 | Comments(0)

SEIKOダイバーズウォッチのウレタンバンド交換(画像)

数年前に購入したセイコーのダイバーズウォッチのウレタンバンドにヒビが入ったので、通販で純正品を購入した。
ここで問題となるのが、バンドを時計につないでいるバネ棒をどのようにして外すかだ。

(1)現在のウレタンバンドをどう外すか?
→刃物で切って外す。私はキッチン鋏とナイフを使った。バネ棒と平行に切り裂き、外す。
c0095094_11490499.jpg
c0095094_11492268.jpg
(2)のっぺりとしたバネ棒をどう外すか?
→精密ドライバーを使ったが、時計の受け穴とバネ棒の隙間がほとんどなく、精密ドライバーの先では隙間に差し込めない。そこで、カッターの刃で何度かチャレンジしたところ、刃先がでバネ棒を押すことができた。

c0095094_11495087.jpg

c0095094_11501288.jpg

c0095094_11504168.jpg
(3)新しいバンドを取り付ける。
→バネ棒を新しいバンドに通して、カッターの刃を時計の受け穴とバンドの極僅かな隙間に差し込んで、バネ棒を押さえて、差し込む。バネ棒を外した経験からすれば難しくはない作業だ。

c0095094_11505966.jpg

根気よく取り組むことが大事だ。



[PR]
by japan-current | 2016-03-27 11:55 | 日常の風景 | Comments(0)

胸を張って「BMIは22です」と言えるまでの徒然草。「japan current」とは「黒潮(日本海流)」のことですが、「日本の今」という意味合いをあわせて用いています。


by Japan-current
プロフィールを見る
画像一覧